県営バスラッピングバス披露式

諫早市の名物と観光地をラッピングした県営バスが保育園児を招いて開催されました。
小長井町の名物フルーツバス停や諫早名物うなぎ、高来町の轟狭などバスの両サイドや後方に鮮やかに描いてあり園児たちも大喜びでした・・・
記念にバス停戦隊フルーツレンジャーと記念撮影です、次はフルーツバス停とフルーツレンジャーだけのラッピングバスが見たいですね。
県営バスさんよろしくお願いします。

多良見町喜々津川要望視察

本日は県央振興局局長と同行し、川崎市議から自治会の要望として受けていた多良見町の喜々津川の除草と改修についての現場視察を実施しました。諫早市内の各河川が暖竹や雑草が生い茂り伐採や改修の要望が頻繁にあるのが現状です、しかし県の財政状況も厳しく直ぐに実施できない状況であり、迷惑をおかけしています・・・出来る限り危険度の高い河川から作業していきたいとの振興局の回答もあり徐々に対処していただけると思っていますのでしばらくお待ちください。

富川渓谷源流祭・諫早万灯祭り

昭和32年の諫早大水害における犠牲者539名の皆さんの安らかな永眠と二度と悲劇を繰り返さないための祈りが捧げられました。毎年地元の本野小学校の生徒も参加し盛大に開催されています、また夜は本名側を御霊を乗せた万灯が本明川を彩り、最後には花火が上がり犠牲者の皆さんのご冥福をお祈りした一日となりました・・・最近はゲリラ豪雨が頻繁に発生しています、危険河川の早急な改修と対応策が必要だと思います。

高来町要望箇所視察

本日は高来町内の自治会や各団体から要望のあった個所を県央振興局長も同行して頂き視察しました。
まず境川の暖竹処理場所を視察し、その後に轟狭水系にあります治水ダムの管理状況について視察いたしました。
諫早干拓締め切りにより海水が混入しなくなり調整池流入河川には暖竹が異常繁殖して河川の流れを邪魔しています、また治水ダムは老朽化しており水路や点検のための進入路などが痛んでおり早急な対応が必要であります・・・県内の河川の予算は少ないのですが頑張って要望していきたいと思います。

諫早市知事要望

本日は諫早市が本年度の重要項目の要望書を中村知事、八江議長に手渡しされました。毎年のことではありますが特に県央都市諫早市は新幹線、諫早干拓、道路整備や改修、工業団地整備など多くの要望事項掲げています。
実現に向けては国会議員、県議会議員、市議会議員が一丸となり全力で取り組まなければなりません・・・これからも県央都市諫早市の活力を見出すとともに力いっぱい応援したいと思います。

九州北部豪雨被害調査

本日は朝から阿蘇地域の復興状況を車窓から見ながら大分県日田市や朝倉市の被害現場を見てきました。本当にすごい状況で各地で家が流され、流木が散乱し、自衛隊やボランティアの皆さんが埃まみれで詐害復旧に頑張っておられました・・・自分たちがこんな状況になったら本当にどうなるだろうと想像しながら一刻も早い復旧を祈るばかりでした。皆さん本当にご苦労様です。

熊本地震復興・九州北部豪雨被害状況調査

本日は口之津港からフェリーを利用して天草にわたり以前営業マンとして頑張っていた頃からどのように発展しているのか、また熊本地震の復興状況確認のために熊本城と益城町を視察に行きました・・・天草氏は道路整備がなされ高速道路のような高規格道路が完成し素晴らしい地域になっていましたが、大型店舗などはなく少し残念でしたね・・・熊本城は本当に大きな被害だったようでまだまだ復旧には時間がかかりそうでしたよ。

藤本整骨院創立30周年記念祝賀会

私が長い間痛くて苦しんだ坐骨神経痛を完治していただいた同郷で近所でもあり、また日大高校の先輩でもある藤本達匡理事長率いるクローバーグループ藤本整骨院が開院0周年を迎えた祝賀会にご案内いただき出席させていただきました。いつもお世話になっている多良見整骨院と湊公園前整骨院の皆さんとも楽しい時間を過ごす事が出来ました・・・これからも時間のある時に通院して再発しないように体調管理に努めたいと思います。

こながい相撲大会

今年も地区対抗ちびっこ相撲や地区の代表の皆さんが真剣勝負するこながい相撲大会が開催されました。年々子供たちの中には女の子も参加するようになり、男の子は女の子に負けないようにより真剣に頑張ってましたよ・・・最近は大相撲も日本人横綱が誕生し大人気になっているようで境川部屋長崎後援会長の私もテレビの相撲中継を見て応援していますよ。

がん検診推進キャンペーン

がん検診受診率向上のためのキャンペーンを浜の町アーケードで多くの県議会議員が参加して実施しました。
平日の昼間ということであまり人通りは多くありませんでしたが子供たちにかわいい風船を渡しながらのお願いでした・・・自分の人生は自分で管理しないといけません、必ずがん検診を受信して家族や知人が悲しまないようにすることが大事ですよ。