九州北部豪雨による諫早湾の被害調査

先日の九州北部豪雨により諫早湾にも大量の流木が漂着し、アサリ貝を食い荒らすナルトビエイの親友を防ぐための漁網を流木が破る被害が出ており、海岸線にも大量の流木が漂着し今後の被害が心配されている、そこで加藤衆議院とともに小長井町と高来町の海岸線の被害調査を実施し、小長井漁協新宮組合長と野田理事に同行してもらい現場を視察しました・・・県水産部と早急に協議し対策を講じたいと思います。