私自身についてQ&A

私自身について

私自身について

県議会議員になろうと思ったきっかけはなんですか?

父親が9期36年間、町議会議員を務めていたが現職を退いてから私ども兄弟4人に「誰か俺の後を継ぐ息子はいないのか」と常につぶやいていた。
そこで兄弟で話をしたが、私が一番末っ子であるため兄たちから説得され、仕方なく出馬したが、皆さんの支援により38歳で小長井町議会議員に当選し、故郷の元気な活気のある街づくりに取り組み、議員の使命感や実現した時の喜びを実感し、継続しなければならないことを確信した。
市町村合併後の選挙で、諫早市の周辺部である小長井町を過疎化により衰退させないために市議会議員選挙に出馬する万全な体制を整え、後援会活動に取り組んでいたが、後援会や支援者の皆さんから県議会議員の補欠選挙があるので市議会議員よりも県議会議員として小長井町を含めた諫早市のために頑張っていただきたいと説得され県議補欠選挙に出馬した。
しかしながら自分の力不足により落選したが、二年後の本選挙において支援者の皆さんの絶大なご支援をいただき当選することができ、現在3期目を全力で頑張っています。

この仕事をしていて良かったと思ったことはなんですか?

県民の皆さんからご要望をいただき、そのことが実現でき喜んでいただくことが議員として最大の喜びではありますが、多くの場所でいろんな方との出会いがあり、皆さんから顔を覚えていただき声をかけてもらい、ご相談をお聞きして解決するなど本当に充実感があり嬉しいことであります。

県議会議員になって、大変だなと思ったことはどんな事ですか?

年4回の定例議会の開催以外にも、地域の行事や支持者の皆さんとの交流など常に行動をしなければならないので、決まった休日がないために、自分の時間を持つことができず精神的ストレスが多い。
また、祝賀会、懇親会、挙式、葬儀などの冠婚葬祭も頻繁にあり交際費が多額である。

休みはありますか?休みの時は何をして過ごしますか?

年間を通して確定している休日はありません、週末はほとんどが地域の行事で多忙であり、休日を作るためには必要に応じて行事の出席を辞退するしか方法がありません。また休日には趣味の映画鑑賞、ドライブ、サイクリング、車いじり、庭掃除などをしてストレス発散をしています。それと昼間や夜に時間があれば健康づくりのために高校時代から続けているバドミントンの練習に行っています。

県議会議員になるために、必要なものはなんですか?

まず必要なのは、自分を信頼して手伝ってくれる仲間です。もちろん仕事仲間でも趣味の仲間でも構いませんが後援会活動や選挙運動に全面的に協力してくれる友人が必要です。そしてオールマイティな雑学と多彩な趣味が必要です。

宝くじで3億円当たったらどうしますか?

まず、家族全員の個人的に欲しいものを購入し、残りは老後と孫のために貯蓄ですかね~。今も宝くじは毎年買っていますが全く当たりません。でも購入しないと当たらないのでこれからも挑戦します。

あなたの「熱い思い」を一言!

最近の若い政治家は頭脳明晰な方は多いが、年上の先輩に対する礼儀がなく、世間の常識と雑学を知らない非常識な議員が多いと感じます。
また、地方議員などの経験がないままで国会議員に当選した若い議員には、先輩議員が議員規則を伝授し、議員としての資質の教育をしなければ日本の未来と国民の安心安全を託すことは非常に危険だと思います。
議員は自分で駆け回り多くの方と意見交換をしてそれを実行することが一番の仕事であり、体力勝負でありますので継続には限界があり、早い時期に後継者を探し、自分の政治姿勢を伝授した元気な議員を育てることが大事だと考えます。

自分の好きなところ

・体が大きく、最近はメタボ気味だが足は長い。
  ・声がいいので歌がうまく聞こえる。
  ・女性には常に優しくしている。

自分の嫌いなところ

・短気で心情が顔に出やすい。
  ・趣味は多彩であるが、飽き性である。
  ・常に笑顔を絶やさないでいるつもりだが顔がごついために怖がられている。

趣味は何ですか?

映画鑑賞
  カラオケ
  洗車
  ホビー作り

一番大事なものは

奥さんと子供と孫です。